評価法

実習対策講座|Trail Making Test 日本語版(TMT-J)

Trail Making Test (TMT)はArmy Individual Test Batteryとして1944年に作成されました。その後、Halstead-Reitan Neuropsychological Batteryに取り入れられました。TMTは、幅広い注意・ワーキングメモリ・空間的探索・処理速度・保続・衝動性などを総合的に測定する検査法として利用されています。 国際的にはTMTに関する検査用紙などが出版されていましたが、日本には正式に出版されたものはありませんでした。そのため、検査結果の妥 ...

ReadMore

評価法

実習対策講座|関節可動域表示ならびに測定法(2022年改訂)

背景 関節可動域測定はPT・OTで使用頻度の高い評価です.1995年2月に改訂された「関節可動域表示ならびに測定法」の足関節・足部・趾に関する用語において問題が指摘されるようになりました.   上記のように,内がえし(inversion)/外がえし(eversion)と回外(supination)/回内(pronation)について国際的な定義と異なるため,翻訳や引用で用語の混乱が発生していました.このような現状から日本整形外科学会,日本リハビリテーション医学会,日本足の外科学会が検討を重ね「関 ...

ReadMore

その他

画像の解釈(MRI)|PT・OT国家試験対策講座

PT・OT国家試験では画像から疾患を予測し,症状や介入方法を導き出す問題が出題されます.そのため,画像を読影する能力が必要になります.ここでは国家試験で出題されるMRI画像について解説をします.   MRI(magnetic resonance imaging) 核磁気共鳴 体外から電磁波を与えると周波数に応じて体内の組織が共鳴して電磁波を出します.この現象を核磁気共鳴と言います. MRIは核磁気共鳴によって体内から出る電波を検知して画像化したものです.人体では炭素やナトリウムなどの原子も核磁気 ...

ReadMore

動画資料 画像

国家試験対策講座|画像(動画学習)

PT・OT国家試験では画像(X線画像,MRI画像など)から疾患を予測し,症状や介入方法を導き出す問題が出題されます.そのため,画像を読影する能力が必要になります.レントゲン画像,X線CT画像,MRI画像の動画資料をご覧ください. X線画像(レントゲン画像) ブログ記事はこちら X線CT画像 ブログ記事はこちら MRI画像 ブログ記事準備中  

ReadMore

その他

画像の解釈(X線CT)|PT・OT国家試験対策講座

PT・OT国家試験では画像(X線画像,MRI画像など)から疾患を予測し,症状や介入方法を導き出す問題が出題されます.そのため,画像を読影する能力が必要になります.ここでは国家試験で出題されるCT画像(X線CT)について解説をします.   CTとは? CT(Computed tomography)はX線を利用した断層面画像です.人体の組織におけるX線透過性の違いを利用して体の中の状態を画像化します.一般的にCTの名称が使われますが,正確にはX線CTです. 撮影方法 X線管球から人体に向け照射された ...

ReadMore

その他

画像の解釈(X線)|PT・OT国家試験対策講座

PT・OT国家試験では画像(X線画像,MRI画像など)から疾患を予測し,症状や介入方法を導き出す問題が出題されます.そのため,画像を読影する能力が必要になります.ここでは国家試験で出題されるX線画像について解説をします.   X線画像とは? X線は発見者のレントゲン氏にちなんでレントゲン線とも呼ばれます.X線の透過度(通り抜ける程度)は物質により異なります. 物質による異なるX線の透過度を利用して,人体内部の状態を写したものがレントゲン画像です. ココがポイント X線画像をX-P(X-ray P ...

ReadMore

動画資料 整形外科学

国家試験対策講座|末梢神経損傷(動画学習)

理学療法士・作業療法士国家試験で出題される末梢神経損傷の解説動画です.動画視聴にあわせて資料をDLもご利用ください. チャンネル登録と高評価をいただけるとやる気が出ます.よろしくお願いします! 動画資料 動画資料はこちら

ReadMore

生理学

生理学基礎講座|静止電位と活動電位

静止電位と活動電位は、興奮伝導や興奮伝達を理解するために必要な基礎知識です。この記事ではPTS・OTSに必要な静止電位と活動電位を解説します! 細胞膜 細胞膜はリン脂質を主成分とする膜です。リン脂質は親水性の頭部と疎水性の尾部からなり、尾部を挟んだ脂質二重層になっています。 細胞膜にはタンパク質(受容体,チャネルなど)が散在しています。神経細胞や筋細胞は電気信号を発生する能力があり興奮性細胞と呼ばれます。細胞膜にあるタンパク質は電気信号を発生する場として重要な働きがあります。   静止電位 通常 ...

ReadMore

生理学

水分調整

体液 体液の構成 人間の身体には多くの水分(体液)が含まれます.その水分量は成人の場合は約60%といわれています.体内にある体液のうち3分の2(体重の約40%)は細胞内にあります.この細胞内の体液を細胞内液,それ以外(3分の1:体重の約20%)を細胞外液といいます.細胞外液は細胞間にある間質液(15%),血漿やリンパ管を流れる管内液(5%)などがあります. 体内には消化管内や脳脊髄液などにも水分はありますが,その量は少量です. ちょいメモ 女性は男性に比べ脂肪量(脂肪細胞の水分含有量が少ない)が多いため, ...

ReadMore

事前準備 論文抄録

論文読解講座|データを分類する基準

データ(変数) 対象者の特性を基準に照らし合わせて数値化することを測定(measurement)といいます.血圧測定や形態測定,関節可動域測定や筋力測定などPT・OT・STがリハビリテーションを進める過程で必要不可欠です.これら数値化された特性をデータ(変数)といいます.   尺度 データを分類する基準を尺度といいます.尺度は名義尺度・順位尺度・間隔尺度・比例尺度の4つに分類されます. 名義尺度 名義尺度のデータは区別する尺度です.例えばこのようなアンケートに経験はありませんか?   ...

ReadMore

新着記事

2022/7/22

実習対策講座|Trail Making Test 日本語版(TMT-J)

Trail Making Test (TMT)はArmy Individual Test Batteryとして1944年に作成されました。その後、Halstead-Reitan Neuropsychological Batteryに取り入れられました。TMTは、幅広い注意・ワーキングメモリ・空間的探索・処理速度・保続・衝動性などを総合的に測定する検査法として利用されています。 国際的にはTMTに関する検査用紙などが出版されていましたが、日本には正式に出版されたものはありませんでした。そのため、検査結果の妥 ...

続きを読む

2022/4/1

実習対策講座|関節可動域表示ならびに測定法(2022年改訂)

背景 関節可動域測定はPT・OTで使用頻度の高い評価です.1995年2月に改訂された「関節可動域表示ならびに測定法」の足関節・足部・趾に関する用語において問題が指摘されるようになりました.   上記のように,内がえし(inversion)/外がえし(eversion)と回外(supination)/回内(pronation)について国際的な定義と異なるため,翻訳や引用で用語の混乱が発生していました.このような現状から日本整形外科学会,日本リハビリテーション医学会,日本足の外科学会が検討を重ね「関 ...

続きを読む

2022/2/8

画像の解釈(MRI)|PT・OT国家試験対策講座

PT・OT国家試験では画像から疾患を予測し,症状や介入方法を導き出す問題が出題されます.そのため,画像を読影する能力が必要になります.ここでは国家試験で出題されるMRI画像について解説をします.   MRI(magnetic resonance imaging) 核磁気共鳴 体外から電磁波を与えると周波数に応じて体内の組織が共鳴して電磁波を出します.この現象を核磁気共鳴と言います. MRIは核磁気共鳴によって体内から出る電波を検知して画像化したものです.人体では炭素やナトリウムなどの原子も核磁気 ...

続きを読む

2021/12/26

国家試験対策講座|画像(動画学習)

PT・OT国家試験では画像(X線画像,MRI画像など)から疾患を予測し,症状や介入方法を導き出す問題が出題されます.そのため,画像を読影する能力が必要になります.レントゲン画像,X線CT画像,MRI画像の動画資料をご覧ください. X線画像(レントゲン画像) ブログ記事はこちら X線CT画像 ブログ記事はこちら MRI画像 ブログ記事準備中  

続きを読む

2021/12/26

画像の解釈(X線CT)|PT・OT国家試験対策講座

PT・OT国家試験では画像(X線画像,MRI画像など)から疾患を予測し,症状や介入方法を導き出す問題が出題されます.そのため,画像を読影する能力が必要になります.ここでは国家試験で出題されるCT画像(X線CT)について解説をします.   CTとは? CT(Computed tomography)はX線を利用した断層面画像です.人体の組織におけるX線透過性の違いを利用して体の中の状態を画像化します.一般的にCTの名称が使われますが,正確にはX線CTです. 撮影方法 X線管球から人体に向け照射された ...

続きを読む

10月のおすすめ書籍

勉強の合間におすすめ漫画です.第2期アニメがスタートしてさらに盛り上がってます.

諜報員(父)と殺し屋(母)と超能力者(娘)がそれぞれの目的のために互いの素性を隠して一つ屋根の下で家族となる.そして,家庭を維持するために3人がドタバタを繰り広げるちょっと心温まるホームコメディーです.

実習対策

実習前に評価をおさらい!

2022/7/22

実習対策講座|Trail Making Test 日本語版(TMT-J)

Trail Making Test (TMT)はArmy Individual Test Batteryとして1944年に作成されました。その後、Halstead-Reitan Neuropsychological Batteryに取り入れられました。TMTは、幅広い注意・ワーキングメモリ・空間的探索・処理速度・保続・衝動性などを総合的に測定する検査法として利用されています。 国際的にはTMTに関する検査用紙などが出版されていましたが、日本には正式に出版されたものはありませんでした。そのため、検査結果の妥 ...

ReadMore

2022/4/1

実習対策講座|関節可動域表示ならびに測定法(2022年改訂)

背景 関節可動域測定はPT・OTで使用頻度の高い評価です.1995年2月に改訂された「関節可動域表示ならびに測定法」の足関節・足部・趾に関する用語において問題が指摘されるようになりました.   上記のように,内がえし(inversion)/外がえし(eversion)と回外(supination)/回内(pronation)について国際的な定義と異なるため,翻訳や引用で用語の混乱が発生していました.このような現状から日本整形外科学会,日本リハビリテーション医学会,日本足の外科学会が検討を重ね「関 ...

ReadMore

2022/10/6

実習対策講座|簡易上肢機能検査(STEF:Simple Test for Evaluating Hand Function)

簡易上肢機能検査(STEF:Simple Test for Evaluating Hand Function)は,上肢の動作能力(特にスピード)を客観的に把握する目的で開発されました.検査は大きさや形状,質量や材質の異なる物品を,指定されて位置まで移動させるのに要する時間を測定し点数化します.年齢階級別得点があり,3-80歳以上の対象者に実施が可能です. 事前準備 検査は座位で実施します.被験者にとって高い(or 低い)机や椅子の使用は避ける必要があります.また,肩関節可動域制限や座位が困難な場合は立位で ...

ReadMore

国家試験対策

国家試験必須ポイントをまとめました!記事は更新中!

2022/2/8

画像の解釈(MRI)|PT・OT国家試験対策講座

PT・OT国家試験では画像から疾患を予測し,症状や介入方法を導き出す問題が出題されます.そのため,画像を読影する能力が必要になります.ここでは国家試験で出題されるMRI画像について解説をします.   MRI(magnetic resonance imaging) 核磁気共鳴 体外から電磁波を与えると周波数に応じて体内の組織が共鳴して電磁波を出します.この現象を核磁気共鳴と言います. MRIは核磁気共鳴によって体内から出る電波を検知して画像化したものです.人体では炭素やナトリウムなどの原子も核磁気 ...

ReadMore

2021/12/26

画像の解釈(X線CT)|PT・OT国家試験対策講座

PT・OT国家試験では画像(X線画像,MRI画像など)から疾患を予測し,症状や介入方法を導き出す問題が出題されます.そのため,画像を読影する能力が必要になります.ここでは国家試験で出題されるCT画像(X線CT)について解説をします.   CTとは? CT(Computed tomography)はX線を利用した断層面画像です.人体の組織におけるX線透過性の違いを利用して体の中の状態を画像化します.一般的にCTの名称が使われますが,正確にはX線CTです. 撮影方法 X線管球から人体に向け照射された ...

ReadMore

2022/2/8

画像の解釈(X線)|PT・OT国家試験対策講座

PT・OT国家試験では画像(X線画像,MRI画像など)から疾患を予測し,症状や介入方法を導き出す問題が出題されます.そのため,画像を読影する能力が必要になります.ここでは国家試験で出題されるX線画像について解説をします.   X線画像とは? X線は発見者のレントゲン氏にちなんでレントゲン線とも呼ばれます.X線の透過度(通り抜ける程度)は物質により異なります. 物質による異なるX線の透過度を利用して,人体内部の状態を写したものがレントゲン画像です. ココがポイント X線画像をX-P(X-ray P ...

ReadMore

2021/2/25

骨格筋(下肢編)|PT・OT国家試験対策講座

人体には多くの骨格筋があります.PT・OT国家試験においては,骨格筋の付着部(起始・停止),支配神経,作用が出題されます.人体にはたくさんの骨格筋が存在するため,出題頻度の高い骨格筋に絞って学習する必要があります.ここでは出題頻度の高い下肢の骨格筋について解説します. 大腿前面の筋(股関節に作用) 起始・停止・神経支配 骨盤に付着する大腿前面の筋は股関節屈曲に作用します.(腸骨筋・大腰筋・小腰筋を合わせて腸腰筋と呼びます) 表が見づらい場合はこちらをクリックしてください.   縫工筋 縫工筋は人 ...

ReadMore

2021/2/25

骨格筋(手指編)|PT・OT国家試験対策講座

肩甲帯・肩関節・肘関節に作用する骨格筋に比べ,手指や手関節に関連する骨格筋の国家試験問題は神経支配や作用に関する問題が出題される傾向です.ここでは手指や手関節に関連する骨格筋について解説します.   手の筋(手外筋) 手外筋(外在筋)は手関節より近位に起始があり,手関節を超えて停止する筋です.掌側と背側に分けて覚えると効率的です. 掌側の筋 特徴 ・正中神経と尺骨神経に支配される. ・手指の屈曲や手関節の掌屈に作用する(伸展や背屈に作用しない). ・起始は上腕骨内側上顆に付着する(外側上顆に付着 ...

ReadMore

動画資料(リハスタch)

通学・通勤のおともに!

管理者の独り言

2021/4/1

感度と特異度

2020/11/24

骨折の治癒過程|骨の再生能力はすごいんだぞ!

2020/11/24

骨折とは?|意外と知らない骨折の種類

2020/10/4

文献検索|無料で情報を入手しよう!

2020/10/4

指定規則改正|臨床実習指導者講習

 

 




 

error: Content is protected !!

© 2022 リハスタ Powered by AFFINGER5