POT国試塾

理学療法士・作業療法士 国家試験解説|骨の構造

骨の構造(PT・OT国家試験) 聞き流しで学べる国家試験対策はこちら 骨の構造に関する第40回以降の国家試験問題を詳しく解説しています!類似している問題が多くあるので解説をじっくり読みながら理解してください。 第43回 共通2 正しいのはどれか。2つ選べ。 1.骨膜は感覚神経に富む。 2.骨膜は骨の長軸方向の成長に関わる。 3.関節面は骨端軟骨で覆われている。 4.長骨の骨幹は海綿質で形成される。 5.発育期の骨髄は造血機能を営んでいる。 第44回 共通2 長管骨で正しいのはどれか。2つ選べ。 1.骨端成 ...

ReadMore

脳卒中 評価法

実習対策講座|脳卒中上肢機能検査(Manual Function Test:MFT)

MFTとは…? 脳卒中上肢機能検査(Manual Function Test:MFT)は東北大学医学部リハビリテーション医学研究施設(鳴子分院)で開発されたテストです。検査は上肢の運動4項目、把持2項目、手指操作2項目からなり、32のサブテストで構成されています。 検査方法 患者に課題を実施させます。サブテストごとに課題を達成できない場合は0点(不可)、課題を達成できた場合は1点(可)を与えます。MFTは平均値ではなくパフォーマンスの最大値を測定するように設計されています。   上肢の動作 腕の ...

ReadMore

脳卒中 評価法

実習対策講座|脳卒中重症度スケール(Japan Stroke Scale)

脳卒中重症度スケールとは…? 脳卒中重症度スケール(Japan Stroke Scale;JSS)は、定量的脳卒中スケールとして日本脳卒中学会Stroke Scale委員会により1997年に発表されました。日本における臨床データを基に作成された指標で急性期での使用を目的としています。   使用方法 意識・言語・無視・視野または半盲・眼球運動・瞳孔・顔面麻痺・足底反射・感覚・運動の状態を、各項目の基準に沿ってA・B・Cの3段階に分類し、該当する項目にチェックを入れます。 A・B・Cは検査項目ごとに ...

ReadMore

解剖学 解剖学・運動学・生理学

分類して覚えれば楽勝|腕神経叢を覚えて点数アップ!

腕神経叢とは…? 腕神経叢は第5-8頸髄および第1胸髄の前肢からなる神経叢です。                   この5本の神経根は、前斜角筋と中斜角筋の間(斜角筋隙)を鎖骨下動脈と一緒に通過します。神経叢は中枢から神経根→神経幹→神経束の3部で構成されます。 さらに神経幹は上神経幹・中神経幹・下神経幹、神経束は外側神経束・内側神経束・後神経束に分かれます。   鎖骨上部と鎖骨下部 神経根と神経幹は鎖骨 ...

ReadMore

評価法

実習対策講座|ASIA分類:アメリカ脊髄損傷協会による脊髄損傷の神経学的分類のための国際基準

ISNCSCIは日本ではASIA分類(エイシア分類)と呼ばれ、米国脊髄損傷学会(American Spinal Injury Association;ASIA)が発表・改訂している評価尺度です。脊髄損傷の損傷高位と麻痺の重症度を評価することができます。評価は知覚検査・徒手筋力検査・仙髄領域の機能残存から構成されます。これらの結果をもとに知覚レベル、運動レベル、神経学的レベル、麻痺(完全or不全)、機能障害スケール、部分残存領域を判定します。   感覚スコアと感覚レベル 検査部位と検査項目 左右の ...

ReadMore

評価法

実習対策講座|Zancolliの上肢機能分類

アルゼンチンの整形外科医Zancolliによって提唱されました。頸髄損傷者(頸髄損傷完全麻痺)の手の機能再建を目的として作成されて、損傷高位を評価する尺度です。 理学療法士・作業療法士国家試験では出題頻度の高い評価なので、各機能髄節レベルで可能な運動機能をしっかりと覚えましょう。   C5(最下位機能髄節) 残存運動機能 上腕二頭筋・上腕筋の機能があり肘関節屈曲が可能です。 サブグループ 腕橈骨筋の機能の有無により分類します。腕橈骨筋機能がない場合はC5A、機能がある場合はC5Bに分類します。 ...

ReadMore

解剖学 解剖学・運動学・生理学

分類して覚えれば楽勝|正中神経・尺骨神経・橈骨神経が支配する骨格筋を覚えて点数アップ!

肘関節・手関節・指の運動を行う骨格筋の大部分は正中神経・尺骨神経・橈骨神経によって支配されています。PT・OT国家試験ではこれらの骨格筋と支配神経を組み合わせる問題が出題されます。 正中神経と尺骨神経 前腕手掌面にある骨格筋と手内筋は正中神経と尺骨神経に支配されます。この骨格筋は手関節や手指の屈曲、前腕回内に作用します。これらを覚えるポイントは3つあります。 回内がつく骨格筋 回内がつく骨格筋は正中神経に支配されます。円回内筋と方形回内筋は正中神経に支配されます。   掌側面の手外筋 掌側面の手 ...

ReadMore

解剖学 解剖学・運動学・生理学

肘関節の運動に作用する骨格筋|起始・停止・支配神経を徹底攻略!

肘関節に作用する上腕の筋は前面と後面の筋に分けられます。前面と後面の筋の間には内側・外側筋間中隔があり前面と後面を隔てています。前面の筋は肘関節屈曲、後面の筋は肘関節伸展に作用します。 聞き流して覚える動画を作成しています。空き時間にどうぞ!   上腕二頭筋 起始と停止 上腕二頭筋の起始は長頭と短頭に分けられます。 長頭は肩甲骨関節上結節、短頭は肩甲骨烏口突起から橈骨粗面・前腕筋膜・尺骨に付着します。   作用 肘関節屈曲と前腕回外に作用します。肘関節屈曲は前腕が回外位にある時に最も強 ...

ReadMore

解剖学 解剖学・運動学・生理学

肩関節の運動に作用する骨格筋|起始・停止・支配神経を徹底攻略!

聞き流して覚える動画を作成しています。空き時間にどうぞ!   三角筋 起始と停止 三角筋は逆三角形の形状で肩関節を覆う厚くて強靭な筋です。 起始は前部(鎖骨外側1/3)・中部(肩峰)・後部(肩甲棘)の3つに分けられます。停止は上腕骨三角筋粗面です。   作用 前部は肩関節屈曲に作用します。また、内旋の補助動筋としても作用します。 中部は肩関節外転と水平伸展に作用します。 後部は肩関節伸展と水平伸展に作用します。また、外旋の補助動筋としても作用します。   烏口腕筋 起始と停止 ...

ReadMore

解剖学 解剖学・運動学・生理学

肩甲骨の運動に作用する骨格筋|起始・停止・支配神経を徹底攻略!

聞き流して覚える動画を作成しています。空き時間にどうぞ! 鎖骨下筋 起始と停止 鎖骨下筋は第1肋骨とその肋軟骨部から鎖骨下面に付着します。   作用 鎖骨外側の下制に作用します。胸鎖関節に鎖骨を引きつけ肩関節運動中の鎖骨を固定する。   小胸筋 起始と停止 小胸筋は腋窩と胸郭の前壁に位置し、大胸筋に覆われています。 小胸筋は第3-5肋骨から肩甲骨烏口突起に付着します。   作用 肩甲骨を前下方に引く作用があります。これにより肩甲骨は固定されます。また、大・小菱形筋と肩甲挙筋と ...

ReadMore

新着記事

2024/5/5

理学療法士・作業療法士 国家試験解説|骨の構造

骨の構造(PT・OT国家試験) 聞き流しで学べる国家試験対策はこちら 骨の構造に関する第40回以降の国家試験問題を詳しく解説しています!類似している問題が多くあるので解説をじっくり読みながら理解してください。 第43回 共通2 正しいのはどれか。2つ選べ。 1.骨膜は感覚神経に富む。 2.骨膜は骨の長軸方向の成長に関わる。 3.関節面は骨端軟骨で覆われている。 4.長骨の骨幹は海綿質で形成される。 5.発育期の骨髄は造血機能を営んでいる。 第44回 共通2 長管骨で正しいのはどれか。2つ選べ。 1.骨端成 ...

続きを読む

2023/11/15

実習対策講座|脳卒中上肢機能検査(Manual Function Test:MFT)

MFTとは…? 脳卒中上肢機能検査(Manual Function Test:MFT)は東北大学医学部リハビリテーション医学研究施設(鳴子分院)で開発されたテストです。検査は上肢の運動4項目、把持2項目、手指操作2項目からなり、32のサブテストで構成されています。 検査方法 患者に課題を実施させます。サブテストごとに課題を達成できない場合は0点(不可)、課題を達成できた場合は1点(可)を与えます。MFTは平均値ではなくパフォーマンスの最大値を測定するように設計されています。   上肢の動作 腕の ...

続きを読む

2023/10/23

実習対策講座|脳卒中重症度スケール(Japan Stroke Scale)

脳卒中重症度スケールとは…? 脳卒中重症度スケール(Japan Stroke Scale;JSS)は、定量的脳卒中スケールとして日本脳卒中学会Stroke Scale委員会により1997年に発表されました。日本における臨床データを基に作成された指標で急性期での使用を目的としています。   使用方法 意識・言語・無視・視野または半盲・眼球運動・瞳孔・顔面麻痺・足底反射・感覚・運動の状態を、各項目の基準に沿ってA・B・Cの3段階に分類し、該当する項目にチェックを入れます。 A・B・Cは検査項目ごとに ...

続きを読む

2023/8/8

分類して覚えれば楽勝|腕神経叢を覚えて点数アップ!

腕神経叢とは…? 腕神経叢は第5-8頸髄および第1胸髄の前肢からなる神経叢です。                   この5本の神経根は、前斜角筋と中斜角筋の間(斜角筋隙)を鎖骨下動脈と一緒に通過します。神経叢は中枢から神経根→神経幹→神経束の3部で構成されます。 さらに神経幹は上神経幹・中神経幹・下神経幹、神経束は外側神経束・内側神経束・後神経束に分かれます。   鎖骨上部と鎖骨下部 神経根と神経幹は鎖骨 ...

続きを読む

2023/6/19

実習対策講座|ASIA分類:アメリカ脊髄損傷協会による脊髄損傷の神経学的分類のための国際基準

ISNCSCIは日本ではASIA分類(エイシア分類)と呼ばれ、米国脊髄損傷学会(American Spinal Injury Association;ASIA)が発表・改訂している評価尺度です。脊髄損傷の損傷高位と麻痺の重症度を評価することができます。評価は知覚検査・徒手筋力検査・仙髄領域の機能残存から構成されます。これらの結果をもとに知覚レベル、運動レベル、神経学的レベル、麻痺(完全or不全)、機能障害スケール、部分残存領域を判定します。   感覚スコアと感覚レベル 検査部位と検査項目 左右の ...

続きを読む

おすすめ書籍

クエスチョン・バンク 理学療法士・作業療法士

多くの国家試験受験生に愛されている1冊です。分野ごとに細かく解説がまとめられていて、内容を全て暗記していれば合格できると思わせるほど完成度の高い参考書です!

国試の達人

ポイントを絞った内容のみで構成されています。空白に自分で書き込みたい人におすすめ!自分好みのオリジナル参考書ができあがります。

 

実習対策

実習前に評価をおさらい!

2023/11/15

実習対策講座|脳卒中上肢機能検査(Manual Function Test:MFT)

MFTとは…? 脳卒中上肢機能検査(Manual Function Test:MFT)は東北大学医学部リハビリテーション医学研究施設(鳴子分院)で開発されたテストです。検査は上肢の運動4項目、把持2項目、手指操作2項目からなり、32のサブテストで構成されています。 検査方法 患者に課題を実施させます。サブテストごとに課題を達成できない場合は0点(不可)、課題を達成できた場合は1点(可)を与えます。MFTは平均値ではなくパフォーマンスの最大値を測定するように設計されています。   上肢の動作 腕の ...

ReadMore

2023/10/23

実習対策講座|脳卒中重症度スケール(Japan Stroke Scale)

脳卒中重症度スケールとは…? 脳卒中重症度スケール(Japan Stroke Scale;JSS)は、定量的脳卒中スケールとして日本脳卒中学会Stroke Scale委員会により1997年に発表されました。日本における臨床データを基に作成された指標で急性期での使用を目的としています。   使用方法 意識・言語・無視・視野または半盲・眼球運動・瞳孔・顔面麻痺・足底反射・感覚・運動の状態を、各項目の基準に沿ってA・B・Cの3段階に分類し、該当する項目にチェックを入れます。 A・B・Cは検査項目ごとに ...

ReadMore

2023/6/19

実習対策講座|ASIA分類:アメリカ脊髄損傷協会による脊髄損傷の神経学的分類のための国際基準

ISNCSCIは日本ではASIA分類(エイシア分類)と呼ばれ、米国脊髄損傷学会(American Spinal Injury Association;ASIA)が発表・改訂している評価尺度です。脊髄損傷の損傷高位と麻痺の重症度を評価することができます。評価は知覚検査・徒手筋力検査・仙髄領域の機能残存から構成されます。これらの結果をもとに知覚レベル、運動レベル、神経学的レベル、麻痺(完全or不全)、機能障害スケール、部分残存領域を判定します。   感覚スコアと感覚レベル 検査部位と検査項目 左右の ...

ReadMore

 

国家試験対策

国家試験必須ポイントをまとめました!記事は更新中!

2022/1/4

画像の解釈(MRI)|PT・OT国家試験対策講座

PT・OT国家試験では画像から疾患を予測し,症状や介入方法を導き出す問題が出題されます.そのため,画像を読影する能力が必要になります.ここでは国家試験で出題されるMRI画像について解説をします.   MRI(magnetic resonance imaging) 核磁気共鳴 体外から電磁波を与えると周波数に応じて体内の組織が共鳴して電磁波を出します.この現象を核磁気共鳴と言います. MRIは核磁気共鳴によって体内から出る電波を検知して画像化したものです.人体では炭素やナトリウムなどの原子も核磁気 ...

ReadMore

2021/12/22

画像の解釈(X線CT)|PT・OT国家試験対策講座

PT・OT国家試験では画像(X線画像,MRI画像など)から疾患を予測し,症状や介入方法を導き出す問題が出題されます.そのため,画像を読影する能力が必要になります.ここでは国家試験で出題されるCT画像(X線CT)について解説をします.   CTとは? CT(Computed tomography)はX線を利用した断層面画像です.人体の組織におけるX線透過性の違いを利用して体の中の状態を画像化します.一般的にCTの名称が使われますが,正確にはX線CTです. 撮影方法 X線管球から人体に向け照射された ...

ReadMore

2021/12/7

画像の解釈(X線)|PT・OT国家試験対策講座

PT・OT国家試験では画像(X線画像,MRI画像など)から疾患を予測し,症状や介入方法を導き出す問題が出題されます.そのため,画像を読影する能力が必要になります.ここでは国家試験で出題されるX線画像について解説をします.   X線画像とは? X線は発見者のレントゲン氏にちなんでレントゲン線とも呼ばれます.X線の透過度(通り抜ける程度)は物質により異なります. 物質による異なるX線の透過度を利用して,人体内部の状態を写したものがレントゲン画像です.   撮影方法 X線を人体に照射します. ...

ReadMore

2021/1/26

人格検査|PT・OT国家試験対策講座

人格検査 人格検査は対象者の情緒的適応,社会適応,動機,欲求,興味,態度,習慣などの人格特性を測定する評価法です.人格検査は質問紙法,投影法,作業検査法に分類されます. PT・OT国家試験において出題傾向の高い分野です.近年は,検査内容を把握していないと正解を導けない出題もあります.ここではPT・OT国家試験に対応できるように,各検査の詳細な内容を解説します.   質問紙法 設定された質問項目に,被験者は「はい」or「いいえ」などの選択肢から回答します.その回答から性格などを判断する方法が質問紙 ...

ReadMore

2021/1/19

統計|PT・OT国家試験対策講座

PT・OT国家試験では論文を読むために必要な尺度や統計の知識を問われることがあります.あまり馴染みがないため,受験生にとっては苦手な分野の1つになっています. ここではPT・OT国家試験で出題される尺度や統計について解説します.   尺度 尺度は名義尺度・順位尺度・間隔尺度・比例尺度の4つに分類されます.これらの相違を理解していれば国家試験は問題ありません. 名義尺度 同一性の情報を他と区別する尺度です.例えば,血液型を(1.A型 ・ 2.B型 ・ 3.O型 ・ 4.AB型)区別する,性別を(1 ...

ReadMore

 

管理者の独り言

2021/4/1

感度と特異度

2020/11/24

骨折の治癒過程|骨の再生能力はすごいんだぞ!

2020/11/22

骨折とは?|意外と知らない骨折の種類

2020/9/22

文献検索|無料で情報を入手しよう!

2020/9/16

指定規則改正|臨床実習指導者講習

 

お願い

当ブログは広告およびアフィリエイト収入により維持・運営を行っております。記事中に広告や商品紹介があり視認性が悪くご迷惑をおかけする可能性がありますが、安定的な運営のためにご了承ください。

また、YouTubeでの情報発信もしています。登録者数が少なく発展途上のチャンネルですが、応援いただければ幸いです。チャンネル登録よろしくおねがいします!

error: Content is protected !!