骨格筋(下肢編)|PT・OT国家試験対策講座

人体には多くの骨格筋があります.PT・OT国家試験においては,骨格筋の付着部(起始・停止),支配神経,作用が出題されます.人体にはたくさんの骨格筋が存在するため,出題頻度の高い骨格筋に絞って学習する必要があります.ここでは出題頻度の高い下肢の骨格筋について解説します.

大腿前面の筋(股関節に作用)

起始・停止・神経支配

骨盤に付着する大腿前面の筋は股関節屈曲に作用します.(腸骨筋・大腰筋・小腰筋を合わせて腸腰筋と呼びます)

表が見づらい場合はこちらをクリックしてください.

 

縫工筋

縫工筋は人体で最も長く,股関節と膝関節を超えて付着する二関節筋です.停止部は半腱様筋と薄筋と脛骨上部内側に付着して鵞足を形成します.大腿前面を外側から内側へ斜めに走行するため,股関節の屈曲に加え外旋・外転,膝関節の屈曲に作用します.

鵞足とは

縫工筋・薄筋・半腱様筋は脛骨内側面に扇形になって付着します.その形が鵞鳥の足の形に似ていることから鵞足と呼ばれます.

 

恥骨筋

恥骨筋は浅層と深層に分かれます.そして大腿神経閉鎖神経に支配される二重神経支配筋です.そして,股関節の屈曲に加え内転に作用します.

 

大腿内側の筋

起始・停止・神経支配

大腿内側の筋は股関節の内転に作用します.そして,閉鎖神経に支配されます.

表が見づらい場合はこちらをクリックしてください.

 

長・短内転筋

長内転筋は大腿内側(内転筋群)の中で最も表層にある筋です.そして,長・短内転筋は股関節の内転に加えて屈曲に作用します.

 

大内転筋

大内転筋は浅層と深層に分かれます.表層は坐骨神経,深層は閉鎖神経に支配される二重神経支配筋です.そして,股関節の内転に加え伸展に作用します.

 

薄筋

薄筋は股関節と膝関節を超えて付着する二関節筋です.停止部は半腱様筋と薄筋と脛骨上部内側に付着して鵞足を形成します.そして,股関節の内転に加え股関節の屈曲と内旋に作用します.

 

殿部の筋(表層)

起始・停止・神経支配

殿部の筋は大殿筋を除いて上殿神経に支配されます(大殿筋は下殿神経).

表が見づらい場合はこちらをクリックしてください.

作用

大殿筋は股関節伸展・外転・外旋に作用します.中殿筋と小殿筋は股関節屈曲・伸展・外転・外旋・内旋に作用します.

大腿筋膜張筋は股関節屈曲・外転に作用します.

 

殿部の筋(深層)

起始・停止・神経支配

殿部深層の筋は股関節外旋に作用します.そして,仙骨神経叢に支配されます.

表が見づらい場合はこちらをクリックしてください.

深層外旋六筋

殿部深層の筋に外閉鎖筋を加えた六つの筋を深層外旋六筋と呼ばれ,股関節外旋に作用します.梨状筋・内閉鎖筋・上双子筋・下双子筋は外旋に加え外転に作用します.

 

大腿前面の筋(膝関節に作用)

起始・停止・神経支配

膝関節に作用する大腿前面の筋は膝関節伸展に作用します.そして,大腿神経に支配されます.

表が見づらい場合はこちらをクリックしてください.

 

大腿直筋

大腿直筋は股関節と膝関節を超えて付着する二関節筋です.そのため股関節の屈曲にも作用します.

 

大腿後面の筋

大腿後面の筋は膝関節屈曲と股関節伸展に作用します.そして,坐骨神経脛骨神経)に支配されます.

表が見づらい場合はこちらをクリックしてください.

 

内側ハムストリング

半腱様筋と半膜様筋は大腿後面内側に位置します.そのため内側ハム(ハムストリン)と呼ばれます.

内側ハムは膝関節屈曲と股関節伸展に加え,股関節内旋と下腿内旋にも作用します.また,半腱様筋は縫工筋と薄筋と脛骨上部内側に付着して鵞足を形成します.

 

外側ハムストリング

大腿二頭筋長頭と短頭は大腿後面外側に位置します.そのため外側ハム(ハムストリング)と呼ばれます.長頭は脛骨神経,短頭は総腓骨神経に支配される二重神経支配筋です.また,大腿二頭筋は膝関節屈曲と股関節伸展に加え,股関節外旋と下腿外旋にも作用します.

 

下腿前面の筋

起始・停止・神経支配

下腿前面の筋は 足関節と足部の背屈に作用します.そして,深腓骨神経に支配されます.

表が見づらい場合はこちらをクリックしてください.

 

作用

前脛骨筋と長母指伸筋は内返し,長趾伸筋と第三腓骨筋は外返しに作用します.そして長母指伸筋と長趾伸筋は足趾の伸展に作用します.

 

下腿外側の筋

起始・停止・神経支配

下腿外側の筋は足関節と足部の底屈と外返しに作用します.そして,浅腓骨神経に支配されます.

表が見づらい場合はこちらをクリックしてください.

 

下腿後面の筋

起始・停止・神経支配

下腿後面の筋は足関節の底屈に作用します.そして,脛骨神経に支配されます.

表が見づらい場合はこちらをクリックしてください.

 

作用

後脛骨筋・長母趾屈筋・長趾屈筋は足部の底屈に作用します.後脛骨筋と長趾屈筋は内返し,長母趾屈筋と長趾屈筋は足趾の屈曲に作用します.

 

国家試験対策問題

国家試験対策問題のDLはこちらをクリック

 

ダウンロード資料

本日の骨格筋必須ポイントをPDF化しました.プリントアウトして学習に活用してください.

股関節に作用する筋はこちらをクリック

膝・足関節に作用する筋はこちらをクリック

この資料は「中村隆一ほか:基礎運動学 第6版補訂.医歯薬出版株式会社」を参考に作成しました.

 

参考文献

・中村隆一ほか:基礎運動学 第6版補訂.医歯薬出版株式会社.

・坂井建雄ほか:解剖学.羊土社.

・野村嶬:解剖学 第5版.医学書院.

 




-解剖学

error: Content is protected !!

© 2021 リハスタ Powered by AFFINGER5